コートサイドより愛を込めて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寛平さんと伊達っく

<<   作成日時 : 2009/03/23 13:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

インディアンウェールズで久々の単複初戦負けはいろいろ反省させられましたが、こう言う時は得るものも多いのですね!

そして、ここマイアミへ移動する前には、エネルギー満載の間寛平にもお会いすることができ、二ヶ月間に及ぶ太平洋横断のお話しも目の前1メートルで聞くこともできました。
『凄い!凄過ぎる!』と一言では言えない、言ってはいけない次から次へと続くサバイバルトーク!は寛平さんの巧みな話術もさることながら、臨場感たっぷりで、ヨットで出帆してから何日も吐き続けた話を聞いた時には、ただそれだけで気持ち悪くなってしまい、申し訳ないです!
また、洋上では荒れ狂う海に飲み混まれない様に常にハーネスを着ける約束だそうですが、ちょっとの隙にハーネスを着けずに移動し、寸前のところで神様に助けられた話には涙がでそうになりました。
ともかく凄い!熟練の冒険家でも《冬の太平洋横断は厳しい!》と言われるのですから、たった二人の、二ヶ月にもおよぶヨットでの横断は心身ともに想像を絶するものだと思いました。
甘い甘すぎる自分に寛平さんからエネルギーをもらってしまいました!
どうぞ無事にアメリカ横断を成功させ、ヨーロッパのランニングへと繋げてください、お祈りしています。

そして今日は久しぶりに伊達っくと一緒にお食事をしました。

伊達っくは先週の西海岸でのチャレンジャーで負けてすぐに、(レッドアイ)…夜遅くに飛び立ち、翌朝早く着く便を、寝不足から目が赤くなることから、こう呼びます…で3時間時差のマイアミに今日移動してきました。
今週から始まるトーナメントで予選の10番以上アウトでも少しの可能性を求めてサインに来たのです!来てみないと解らないのが予選サインです。結局5番アウトででれませんでしたが、今、これだけ迫力ある行動をする選手はいるでしょうか?!
さらに明日、少し北であるチャレンジャーに出る為に、明日の朝練習してから午後の飛行機でまた移動!凄い!

久しぶりにいろいろお話ししてまたまたびっくりしたのは、今後もさらなるチャレンジが頭満載なのです。変わらないな〜この迫力!と思いながら、昔話に泣くほど笑い転げ、これからの話に真剣な二人を見ている私でした。

『お互い頑張ろうね!』と楽しかった時間はあっと言うまに過ぎていった夜でした。

この偉大な二人にありがとうを言いたい気持ちでいっぱいです!

コートサイドより愛を込めて 杉山芙沙子

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

プロフィール

杉山 芙沙子
(すぎやま ふさこ)

聖心女子大学文学部心理学科卒業
 児童心理学・発達心理学・社会心理学などを専攻し「幼児の言語習得過程にお けるテレビの影響」をテーマに研究。マーケティング・市場調査の現場を経た後、(株)ベリィ・ボタンを設立、代表取締役として就任。1998年茅ヶ崎にパーム・イン ターナショナル・テニス・アカデミーを設立、現在に至る。

寛平さんと伊達っく コートサイドより愛を込めて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる